ブログ

今年は11月21日解禁!ボジョレーの豆知識

ボジョレーヌーボーの解禁日は、
毎年11月の第3木曜日と決まっています。



 

あと一ヶ月です!
2013年ボジョレー解禁日は11/21(木)♪2009年は50年に一度の出来!
2003年に至っては100年に一度の出来栄え!

さて今年の出来栄えは?


フランスのボジョレー、イタリアのノベッロ共にご用意させていただきます。

ボジョレーヌーボーとは、フランスのブルゴーニュ地方、
ボジョレー地区で作られる新酒の赤ワインのこと。

”ヌーボー”とは”新酒”という意味で、
ボジョレーヌーボーで、「ボジョレー地区で採れた、新しい新酒」と言う意味になります。

その年で収穫されたブドウで作るため、
ブドウが良質であるかどうかを確認する意味もあり、
毎年作られています。

世界中のワイン好きが待ちわびているボジョレーヌーボー。

軽快で渋みがなく、優しい口当たりで、
ワインを初めて飲む人でも飲みやすいと評判です。

日本の輸入量はナント世界一位で、
前生産量の約四分の一を占めています。

日本で毎年解禁日が騒がれているのも、
ちょっと納得してしまいますね。

ワインというと高価なイメージが有り、
庶民的ではない感じがしますが、

ボジョレーヌーボーはお手軽価格で手に入るため、
日本人の気質に合っているのかもしれません。

 

ボトル  ¥3800−
グラス  ¥ 600−

ついに解禁!! (伊) ノヴェッロ! 入荷いたしました 

シチリア産 クズマーノ ノヴェンブレ 2012


紫がかった濃いルビーレッド。木いちごやラズベリーなどのリッチで芳醇な香り。地中海に浮かぶシチリア島で生産されるこのノヴェッロは、南イタリアの太陽と熟したブドウを連想させる強く厚みのある味わいを持っています。彗星のごとくシチリアワイン界に現れたクズマーノ兄弟の技が感じられます。ノヴェンブレとは、11月という意味。 

クズマーノ社は、2000年に創業したばかりですが、その品質とコストパフォーマンスの高さで非常に人気があるワイナリーです。アルベルト(兄)ディエゴ(弟)、2人の兄弟によって運営される同社はシチリア全土に8箇所のブドウ畑を所有しています。『シチリアは大陸である』という彼らは、それぞれの土地のテロワールを生かしたブドウを栽培し、地ブドウには大きな樽、外来品種には小樽を用いるなど伝統を大切にしながらもチャレンジし続ける、将来がますます楽しみなワイナリーです。

パスタに 肉料理に 様々なお食事に合わせてお楽しみいただける大人気ノヴェッロ!!!

限定品につきお早めに!!!

◆テイスト  : ライト〜ミディアム
◆生産地   : イタリア / シチリア
◆ヴィンテージ: 2012年
◆内容量   : 750ml
◆ボトル価格 : 3000円 
◆グラス価格 : 700円



これから夏に向けてのワインが入荷しました。

今回は、白ワインを重点的に変えました。

かなり産地、品種ともにバリエーション豊かにかえたつもりです。
グラスワインも2種類から選べるようにしました。
ぜひ、御来店ください。

新しいワインが入荷しました。

まずは、あのシャトーオーブリオンがコストパフォーマンスを考えて作ったワインが入荷しました。

CLARENDELLE ROUGE  HAUTーBRION
クラレンドル・ルージュ オーブリオン
メルロー  カベルネソービニヨン  カベルネフラン
¥5000
ブラックベリーやチョコレート、珈琲などの複雑かつ優雅な香り、余韻も長くこのお値段で
オーブリオンを楽しむことができるワインです。
 

フロアマネージャーの樋口です。

ホームページもリニューアルしましたが、これからはお店自体も
どんどんリニューアルしていけるように努力していきますのでよろしくお願いします

ワインが好きなのでワインに関してをUPしていきます。
今までは、イタリアワインしか当店では扱っていませんでしたが、
これからは、フランスワインやニューワールドもいろいろと扱っていく予定です。

よろしくお願いします。